2017年度ワークショップのご案内

文化庁委託事業
平成29年度戦略的芸術文化創造推進事業

演劇による社会的包摂プロジェクト

概要 今年度からスタートした新規事業「演劇による社会的包摂プロジェクト」。
演劇的手法を用いたワークショップで、社会から孤立した人々をもう一度社会参加できる取り組みを行います。現在実施中です。

●コミュニケーションワークショップ
 様々な演劇的手法で、共有する楽しさ、コミュニケーションの楽しさなどを体験するワークショップ。
高齢者クラスでは、五感に訴えるシアターゲームなどを行い、障害がい者クラスでは健常者とともに発表会を行います
 
 【学童クラス/対象施設】
    児童養護施設「杉並学園」、「西荻北児童館・学童クラブ」(杉並区)
 【高齢者クラス/対象施設】
    介護老人福祉施設「はるびの郷」(東村山市) 
 【障がい者クラス/対象施設】
    「都立石神井特別支援学校」(練馬区)

●江戸糸あやつり人形ワークショップ
 人形遣いの特殊な外界との関係性を活かし、人形の操作体験を通じて、自己表現やコミュニケーション能力の向上、手指のリハビリを行うワークショップ。
 
 【青少年コミュニケーション向上クラス/対象施設】
     寄宿生活塾「はじめ塾」、「子どもと生活文化協会」(小田原市) 
 【高齢者クラス/対象施設】
    地域の寄り合い所デイホーム「また明日」(小金井市)

●若者自立支援演劇ワークショップ
 不登校や中退者、若年無業者を対象とした社会参加支援のためのワークショップ。
 参加者同士の信頼関係を築くワークから始め最終日には発表・公演を行います。
 
 【東京合宿クラス/対象者】
     一般公募による参加者
 【大宮クラス/対象施設】
     さいたま市若者自立支援ルーム(大宮市)
 

文化庁委託事業
平成29年度戦略的芸術文化創造推進事業
主催:文化庁、公益社団法人日本劇団協議会
制作:公益社団法人日本劇団協議会


twitter