2017年度ワークショップのご案内

文化庁委託事業 平成29年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業 日本の演劇人を育てるプロジェクト 新進演劇人集中講座

日 時 一つのクラスで7日間、スタ・システムの基礎を学ぶ集中プログラムです。

現代演劇の国際的な交流の最先端で、ロシア、アメリカなどでの俳優教育を担うシェンタリンスキー教授とニジェリスコイ氏を招き、俳優としての基礎訓練の方法論を学びます。
お二人を招いての講座は十年近くの実績を重ねてきました。これまでのワークショップの成果をふまえ、より短期間で集中的に効果をあげられるプログラムとして、新たなカリキュラムで実施します。

2018年1月29日(月)~2月4日(日)
10:00~17:00(途中休憩あり)
「俳優表現のエクササイズ」
「ステージムーブメント」
会 場 青年劇場スタジオ結(新宿)
新宿区新宿2-9-20 問川ビル地下1F
都営新宿線「新宿三丁目」出口C8より徒歩8分
東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前」出口1・3より徒歩2分
講 師 セルゲイ・シェンタリンスキー
「俳優の表現のエクササイズ」講師
ライキン舞台芸術大学俳優芸術学科教授・俳優・演出家
1991年チェーホフ記念モスクワ芸術座附属演劇大学のタバコフのクラスを卒業。ジュリアードスクール(米)、シェイクスピア王室劇場(英)で研修を受け、その後タバコフ劇場の舞台に立ち、映画。TVドラマに出演。92年より、チェーホフ記念モスクワ芸術座附属演劇大学の俳優学科副科長として教鞭を執り、現在に至る。コロンビア大学・イリノイ大学における俳優演技マスタークラス(01~03年)、ミハイル・バリシニコフのアートセンターで俳優のためのワークショップ(08年)などの講師をつとめている。モスクワ芸術座附属演劇大学のイギリス人学生クラス担当(07年)。01~06年、同大学協賛のプロジェクト「新しい文明」の代表者のひとりとして、ロシアで舞台俳優として最も才能のある若い人たちの指導に当たる。15年よりライキン舞台芸術大学に勤務。

ヴィクトル・ニジェリスコイ
「ステージムーブメント」講師
2001年、ロシアの名門マールイ劇場付属のシチェブキン演劇大学に入学。4年生時より同大学で舞台動作を教えはじめる。在学中よりマールイ劇場の舞台に参加し、映画、TVドラマにも出演。2005年、演劇大学で教鞭を執りながら、舞台動作と演技の繋がりをさらに研究するため、大学院に入学。2006年、歌舞伎、能をはじめとして日本の演劇の舞台動作を学ぶため来日し、劇団前進座の養成所で学ぶ。2007年08年、ロシア国立人文大学で、さらに2008年4月から4年間、立教大学助教として舞台動作を教える。2006年~08、NHKテレビ「ロシア語会話」出演。ロシアを拠点に俳優・演出・また身体表現の研究(生理学・心理学ともに)を基礎に舞台動作教師活動を展開している。
通訳:安達紀子(早稲田大学講師・翻訳家・ロシア演劇研究家)
受講料 一般:30,000円
劇団協正会員:27,000円
応募資格 1年以上の演劇教育課程を修了し、演劇経験1年以上、基本的に全日程参加できる方。
募集人数 20名
募集期間 2017年12月11日(月)より2018年1月19日(日)まで(当日消印有効)
選考結果は郵送にて1月23日(火)頃までにお知らせします。
お申し込み方法 下記リンク先の申込み用紙に必要事項をご記入の上、顔写真(モノクロ可)をお貼りください。返信用82円切手1枚を同封し、日本劇団協議会か青年劇場宛に郵送してください(応募書類は返却しませんのでご了承ください)

申込み用紙フォーマット

日本劇団協議会
160-0023 東京都新宿区西新宿6-12-30 芸能花伝舎3F TEL:03-5909-4600
秋田雨雀・土方与志記念 青年劇場
160-0022 東京都新宿区新宿2-9-20問川ビル4F TEL:03-3352-7054
お問い合わせ 公益社団法人日本劇団協議会(平日10時~18時)
03-5909-4600

青年劇場
03-3352-6922
twitter