2020年度公演のご案内

●文化庁委託事業 令和2年度戦略的芸術文化創造推進事業
「女子学徒たちの沖縄戦」公演と調査による離島・へき地の活性化事業

劇場施設が充実していないことから、今まで優れた演劇に触れる機会の少なかった離島・へき地の居住者に、実演芸術の楽しさを伝えられるよう、鑑賞機会の充実を図ることを目的とした事業

躍動する朗読劇『女子学徒たちの沖縄戦』オンライン上演

あらすじ

戦争を語り継ぎ、未来に平和をつなぐ

少女の声があなたに語りかける沖縄戦の真実
太平洋戦争、その末期・・・・・・未来にとどけます。

この美しい島を再び悲しみのるつぼにしないために、
どこまでも澄んだ空を再び汚さないために、
私たちは今、
七十五年前の悲しみの重い扉をもう一度開けることにしました。

東京会場:天恩山 五百羅漢寺本堂と沖縄の小中学校をつなぐオンライン上演。

キャスト

遠藤剛、有馬理恵、田中孝宗、佐藤礼菜、辻井亮人、天明屋渚(以上、俳優座)
釜木美緒(俳優座演劇研究所)

演奏 唄/宮崎花澄(沖縄県立芸術大学大学院琉球芸能専攻)
原作・原画/新里堅進
脚本・映像/宮本聖二
演 出 森 一(俳優座)
スタッフ 照明:石島奈津子(東京舞台照明)、美術:村雲龍一、衣裳:松本潤子、ヘアメイク:青山眉子、舞台監督:川口浩三(以上、俳優座)
東京オンライン配信・記録:宮本友介、西尾完太、伊藤大地、宮本佳太(プライ)
八重山オンライン配信:黒島剛、入松田陽、嵩本安博(映像工場)、鈴木洋行(八重山舞台)
現地統括コーディネーター:宮良純一郎(八重山戦争マラリアを語り継ぐ会)
西表島コーディネーター:山城まゆみ
竹富島コーディネーター:石垣久雄(竹富町史編集委員会)
宣伝美術:森山智寛(俳優座)、企画提案:木口慎子(東京新聞)
アシスタントプロデューサー:宮崎健(俳優座)
プロデューサー:有馬理恵(俳優座)
日 時 11月16日(月)15:20~16:20 竹富町立大原中学校
11月17日(火)13:30~14:15 竹富町立大原小学校(低学年)
        14:45~15:45 竹富町立大原小学校(高学年)
11月18日(水)10:45~11:45 竹富町立竹富小学校(5、6年)



会 場 【沖縄会場】
竹富町立大原小・中学校
竹富町立武富小学校

【東京会場】
天恩山 五百羅漢寺本堂(目黒区)
主 催 文化庁

公益社団法人日本劇団協議会
協力 劇団俳優座、東京新聞、中日新聞、琉球新聞、yahoo!ニュース、天恩山五百羅漢寺
後援 NHK沖縄、琉球朝日放送、沖縄テレビ
お問い合わせ 公益社団法人日本劇団協議会
03-5909-4600(平日10時~18時)


twitter