2019年度公演のご案内

●文化庁委託事業 2019年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業
日本の演劇人を育てるプロジェクト 文化庁海外研修の成果公演

文化庁新進芸術家海外研修制度により研修を行った若手芸術家に研修成果を発表する機会を提供するという事業です。
 

『まじめが肝心』

あらすじ

オスカー・ワイルドの喜劇最高傑作を現代版にアレンジ!!

嘘から始まるまじめな恋のドタバタコメディ!
田舎に住むジャックは架空の弟「アーネスト」を訪ねる名目で、たびたびロンドンへ遊びにでかけていた。ロンドンでは「アーネスト」と名乗り、友人アルジャノンのいとこであるグウェンドレンに恋い焦がれるジャック。
 あることからアルジャノンはジャックの嘘を見抜き問いつめると、田舎ではジャックと名乗り若い娘セシリーの後見人であることを打ち明ける。
 これを知ったアルジャノンはセシリーに興味を持ち、ジャックの弟「アーネスト」になりすましてセシリーを訪ねるのだが・・・。

キャスト

  • 釆澤靖起 (文学座)
  • 池岡亮介
  • 那須 凜 (青年座)
  • 大川 永 (イッツフォーリーズ)
    • 井上薫


    • 館野元彦 (銅鑼)

    • 森下まひろ


    • 荒谷清水 (南河内万歳一座)


    オスカー・ワイルド
    翻案/大澤遊
    演 出 大澤遊

    おおさわ・ゆう
    日本大学芸術学部演劇学科卒。
    演劇ユニット「空っぽ人間〈EMPTY PERSONS〉を主宰、すべての作品で構成、演出を手掛けるほか、新国立劇場『スペインの戯曲』、日韓演劇交流センター『少年Bが住む家』、劇団銅鑼『ボクの穴、彼の穴。』、世田谷パブリックシアター『ザ・シェルター』、水戸芸術館『ライフ・イン・ザ・シアター』などを演出。また『セールスマンの死』『出口なし』『図書館的人生 vol.4』『The Beauty Queen of Leenane』など、さまざまな舞台に演出補、演出助手として参加。
     平成28年度文化庁新進芸術家海外研修制度の研修員としてイギリスのDerby Theatreにて1年間研修。
    スタッフ 美術・衣裳:池宮城直美<H28年度派遣>
    照明:鷲崎淳一郎
    音響:徳久礼子<H18年度派遣>
    演出助手:菅井新菜
    舞台監督:渡邊 歩
    宣伝美術:中島康江
    アシスタントプロデューサー:松本崚汰・岸ゆりえ
    プロデューサー:夏川正一
    日 時 2020年1月24日(金)~30日(木)
    恵比寿・エコー劇場

    1/24 1/25 1/26 1/27 1/28 1/29 1/30
     
    13:00
    14:00
    19:00


    開場は開演の30分前
    当日券の販売は開演の45分前より
    会 場 恵比寿・エコー劇場(渋谷区)
    JR・地下鉄「恵比寿」駅 徒歩5分
    〒150-0011 東京都渋谷区東3-18-3(駐車場はございません)
    主 催 文化庁
    公益社団法人日本劇団協議会
    入場料 一般/前売 4,000円  当日4,500円
      学生/前売・当日とも 2,500円 [日本劇団協議会のみ取扱]
    チケット取扱い 【チケット発売日】 2019年11月22日(金)
    チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード496-663)
    カンフェティ
    日本劇団協議会(平日10時~18時)03-5909-4600
    協力 ワタナベエンターテインメント、マッシュ、NLT、青年座映画放送、 オールスタッフ
    ライティングユニオン、KAAT神奈川芸術劇場、レゾン、朋友
    お問い合わせ 日本劇団協議会
    TEL/03-5909-4600(平日10時~18時)
    twitter