2019年度公演のご案内

●文化庁委託事業 2019年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業
日本の演劇人を育てるプロジェクト 演劇人交流育成公演

全国各地の演劇人の育成を一層強化するために、複数年にわたってワークショップと公演を一体的に実施するプログラム。
予め演目を決め、公演やキャスティングに向けたワークショップを実施し、その成果を上演する事業です。
 

『二人の主人を一度に持つと』

あらすじ

オール女性キャストによる、イタリア喜劇の最高傑作!

嘘か誠か 男か女か
誠か嘘か 女か男か
誰を信じていいのやら・・・
登場人物たちの混乱の原因を観客だけがしっている!

2018年、2019年の2年をかけてワークショップ+上演をおこなう企画。2018年4月に出演オーディション、
2019年3月までに45日200時間に及ぶワークショップを経て、3月末に出演予定者21名(全員女性)を選考。
さらに2019年4月~6月にワークショップ、配役決定。9月~12月の公演に向け練習と稽古を実施。

キャスト

今枝蛍、柴田梨沙、鈴来かえり、なかむらさりあ、夏目みほ、水原あきほ
(以上、育成対象者)

飯野久美子、磯貝紬、板倉恵子、猪子知美、キーコ、すがとも、谷口真規、中川由貴子
長谷部恵美、古家暖華、松井美奈枝、三日市弓子、結崎涼

【演奏】
キーボード:小田智之、バイオリン:渋川卓思、パーカッション:内田一晟
C.ゴルドーニ
演 出 大谷賢治郎

演出家。1972年東京生まれ。サンフランシスコ州立大学芸術学部演劇学科卒。company ma主催。シテジ(国際児童青少年演劇協会)世界理事。桐朋芸術短期大学特任講師。新劇から児童演劇や人形劇まで幅広く演出。また東京国立博物館や川崎市アートセンター、東京大学大学院総合文化研究科・教養学部付属共生のための国際哲学研究センター、文化庁派遣事業などで、子どもや若者、一般市民や障害者、そしてプロのための多岐に渡る演劇ワークショップに力を入れている。
スタッフ 音楽:大野栄潤・渋川卓思、歌唱指導:水野麻美、振付:木村好江
美術:岡田保(演劇組織KIMYO)、衣裳:林記久子、照明:花植厚美、音響:加藤久直、
大道具:かすがい創造庫、小道具:深田くんち、舞台監督:加藤敦雄、演出助手:宮部晶子、
舞台監督助手:稲吉直人、宣伝美術:オレンヂスタ美術部、
プロデューサー:森釗、アシスタントプロデューサー:祖川詩織・佐和ぐりこ
日 時 2019年12月18日(水)~22日(日)
名古屋市千種文化小劇場
12/18 12/19 12/20 12/21 12/22
 
12:30 A
14:00 B A B
17:00 B
18:30 A A B


【Aキャスト】
今枝蛍(ズメラルディーナ)、柴田梨沙(コーラス)、鈴来かえり(フロリンド)
なかむらさりあ(コーラス)、夏目みほ(クラリーチェ)、水原あきほ(コーラス)
飯野久美子(コーラス)、磯貝紬(ポーター、ボーイ)、板倉恵子(コーラス)
猪子知美(コーラス)、キーコ(ポータ、ボーイ)、すがとも(プリゲッラ)
谷口真規(シルヴィオ)、中川由貴子(イル・ドットーレ)、長谷部恵美(ボーイ、召使)
古家暖華(トゥルッファルディーノ)、松井美奈枝(ベアトリーチェ)、三日市弓子(コーラス)
結崎涼(パンタローネ)

【Bキャスト】
今枝蛍(コーラス)、柴田梨沙(ズメラルディーナ)、鈴来かえり(トゥルッファルディーノ)
なかむらさりあ(クラリーチェ)、夏目みほ(コーラス)、水原あきほ(フロリンド)
飯野久美子(プリゲッラ)、磯貝紬(ポーター、ボーイ)、板倉恵子(パンタローネ)
猪子知美(イル・ドットーレ)、キーコ(ポータ、ボーイ)、すがとも(コーラス)
谷口真規(コーラス)、中川由貴子(コーラス)、長谷部恵美(ボーイ、召使)
古家暖華(ベアトリーチェ)、松井美奈枝(コーラス)、三日市弓子(シルヴィオ)
結崎涼(コーラス) 受付開始は開演の45分前 開場は開演の30分前
会 場 名古屋市千種分化小劇場
名古屋市千種区千種三丁目6番10号
(地下鉄桜通線「吹上」下車 7番出口より北へ徒歩3分 市バス「大久手」下車 すぐ 
主 催 文化庁
公益社団法人日本劇団協議会
入場料 ・指定席4,000円
・自由席(日時指定)
               一般 3,500円(当日4,000円)
   高校生以下3,000円(当日3,500円)
   ファミリー券(一般自由席+高校生以下)6,000円
   ※ファミリー券は俳優館でのみ販売(当日券はありません)
チケット取扱い 俳優館 052-203-8721(平日10時~18時/チケット郵送可)

名古屋市文化振興事業団チケットガイド(ナディアパーク8階) 052-249-9387(平日9時~17時/チケット郵送可)
 及び市の文化小劇場、芸術創造センター、青少年文化センター、名古屋能楽堂ほか
 名古屋市文化振興事業団が管理する文化施設窓口(土日祝日も営業)

・愛知芸術文化センタープレイガイド 052-972-0430
ローソン全店(Lコード:42109)
チケットぴあ(Pコード:498-117)
後援 名古屋市、愛知県教育委員会
お問い合わせ 俳優館
日本劇団協議会
TEL/03-5909-4600(平日10時~18時)
twitter