掲載日:2024.2.5

3/18「全国の高校生に演劇を届けるために~合同鑑賞会から考える~」開催new


























日本劇団協議会では、令和5年度文化庁委託事業として「高校生のための巡回公演」として全国高等学校での演劇公演実施のほか、視察調査・全国高等学校における演劇鑑賞会の実態調査に取り組んでいます。
 本シンポジウムでは、高校での演劇鑑賞機会の地域間格差が大きいことを踏まえ、各地で合同鑑賞会という形で機会保障に取り組まれている方たちに事例報告をいただきます。各地合同鑑賞会の多様な成り立ちや運営方法、近年の変化や課題等を共有し、それらをヒントとして、今後、高校生の演劇鑑賞機会が広く全国の学校で展開されていくために必要な仕組みについて、全国の学校・芸術団体・行政・ホールの関係者等がともに考える場とします。
 また、コロナ禍もあり減少していた学校公演に取り組む芸術団体や担当の先生をはじめとした関係者間のネットワークづくり、情報交換の機会も設けます。
 この機会に、学校関係者、芸術団体、劇場・文化行政関係者など、高等学校で行われる演劇鑑賞会に関心のある方々に広くご参加いただきたく、ご案内いたします。


【登壇者】
合同での演劇鑑賞会を実施している複数地域のご担当者(石川県、長野県、岩手県ほか)
司会:宮澤一彦(「高校生のための巡回公演」アシスタントコーディネーター/俳優座劇場)


【日時】
令和6年3月18日(月)
(シンポジウム)15時00分~17時00分  
(情報交換会) 17時10分~18時00分  

【会場】
ベルサール新宿グランドコンファレンスセンター (5階)ROOM A 
(東京都新宿区西新宿8-17-1 住友不動産新宿グランドタワー5F)
最寄り駅:丸ノ内線 「西新宿駅」1番出口徒歩3分

【対象】
高校での演劇鑑賞会関係者(学校関係者/芸術団体/劇場・ホール関係者/自治体等)
または興味のある団体・個人

【参加費】
無料

【お申込み締め切り】
3月10日(日)

【お申込み方法】
Googleフォーム
またはFAX(03-5909-4666)にて、必要事項(お名前/お電話番号/メール/ご所属(あれば)/その他(当日期待することや、お知りになりたいことなどあれば))を添えてお申込みください。

【主催】
文化庁、公益社団法人日本劇団協議会
<学校における地域活性化のための文化芸術子供鑑賞・体験事業 統括団体による高校・過疎地域等学校派遣モデル事業>