掲載日:2018.09.26

「日本の劇」戯曲賞2018 最優秀賞決定!

「速報!」
『日本の劇』戯曲賞2018最優秀賞決定!!


9月25日(火)に行われた最終選考委員会にて、下記の作品が最優秀賞に選ばれました。


         中越信輔 作   『酔鯨云々』

                     
正賞として、作品の上演(2019年度予定)、 副賞として賞金10万円が贈られます。
公演の詳細は随時、WEBにて更新いたします。

最終選考委員 
板垣恭一、上村聡史、内藤裕敬、中屋敷法仁、宮田慶子

なお、最終選考委員による最終候補作品の選評は後日WEBにて掲載いたします。

----------------------------------------------------------
文化庁委託事業「平成30年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」
日本の演劇人を育てるプロジェクト 制作:公益社団法人日本劇団協議会
twitter