掲載日:2013.7.8

平成26年度文化庁「新進芸術家海外研修制度」募集

文化庁から標記事業募集のご案内がありました。なお、提出については、今回から芸術団体を通しての提出、直接文化庁への提出を選択できるようになりました。
 ご希望の方は、文化庁webサイトより募集案内・申込書をダウンロードして下さい。
文化庁 新進芸術家海外研修制度募集

◎日本劇団協議会締切  8月19日(月)必着
◎文化庁へ直接提出される場合の締切  8月16日(金)必着
◎お問い合わせ 事務局・松村久美子 

■対象となる者/演劇分野における新進の芸術家、アートマネージメント担当者、技術者、プロデューサー、評論家等で以下の条件を満たす者。
(1)日本国籍、または永住資格を有すること。
(2)年齢条件(平成25年9月1日現在)
 ◎1年派遣(200日間~350日間) 18歳以上、45歳未満。
 ◎2年派遣(700日間) 18歳以上、30歳未満。
 ◎3年派遣(1050日間) 18歳以上、27歳未満。
 ◎特別派遣(80日間)  18才以上
(3)専門とする分野で芸術活動の実績があること。
(4)外国での研修に耐えうる語学力を有すること。
(5)研修先の施設の受入保証(受入先が個人である場合を含む)があること。

■研修開始日
原則として、平成26年9月1日から平成27年3月31日の間に日本を出国することとし、終了日は日本に帰国する日となります。
(平成26年4月~8月の間に研修を開始することはできません。)

■本制度の研修を受けたことのある方について
過去に1年派遣・2年派遣・3年派遣を受けた方は、特別派遣のみ応募が可能です。また、過去に特別派遣を受けた方については、1年派遣・2年派遣・3年派遣のいずれにしか応募できません。
■選考日程=書類選考を経て、12月~来年1月面接 2月下旬~3月上旬内定の予定。
twitter