掲載日:2017.3.31

日本劇団協議会NEWS No.42 発行日:2017.03.31

●平成28年度第2回定例理事会のご報告
 去る3月17日に、平成28年度第2回定例理事会を実施しました。例年、文化庁・日本芸術文化振興会の審査結果は3月末に通知されますが、今回は文化庁からの通知が3月上旬に届きました。そのため、当初計画から若干の変更をした上で、平成29年度事業計画(案)および収支予算(案)が理事会で承認されたことをご報告いたします。

●平成29年度事業の採択について 
 文化庁および日本芸術文化振興会に申請しておりました以下の事業につきまして、審査結果の通知がきましたのでお知らせします。

◎文化庁「次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」
<日本の演劇人を育てるプロジェクト>→採択

◎文化庁「戦略的芸術文化創造推進事業」
 <ステップアップ・プロジェクト>→採択
<演劇による社会的包摂プロジェクト>→採択

◎日本芸術文化振興会「芸術文化振興基金助成金」
 <高校生のための巡回公演>→内定


●学校公演上演記録募集
 当法人の調査研究事業として毎年発行しております「学校公演上演記録」掲載の学校公演の上演記録を募集いたします。
今回は、学校公演のみの集計ですので昨年4月~今年3月が対象となります。
「上演記録の書き方」をお読みいただき、ご記入の上ご提出ください。「上演記録の書き方」と「記入用紙」は日本劇団協議会ウェブサイト<各種書類ダウンロード>よりダウンロードできます。

◎対象期間:2016年4月1日~2017年3月31日
◎締  切:2017年5月31日(水)
◎日本劇団協議会ウェブサイト http://www.gekidankyo.or.jp/
◎お問合せ:事務局・高橋


●「新進演劇人集中講座」スカラシップ希望者募集
 <日本の演劇人を育てるプロジェクト>「新進演劇人集中講座」のスカラシップ生を募集いたします。これは、正会員団体の新進演劇人に無料で優れたレッスンを受けていただこうというシステムで、平成13年度から実施しています。
 「応募書類」は日本劇団協議会ウェブサイト<各種ダウンロード>よりダウンロードできます。

◎資格:日本劇団協議会正会員団体所属の方ならどなたでも応募可能です。
    俳優・スタッフにかかわらず、どの講座も受講できます。
◎特典:平成29年度に実施する「新進演劇人集中講座」の中でご希望のクラスを無料で受講できます。1講座でも全講座でも希望できますが、複数の講座を希望する場合は優先順位をつけてください。
◎募集人員:10名
◎締切:2017年6月2日(金)必着 6月下旬には決定
◎お申込み・お問合せ:事務局・松村 


●演劇と教育シリーズ Vol.9
 教育事業部では毎年、シンポジウム・ワークショップ等を開催していますが、今年度は下記セミナーを実施します。ぜひご参加ください。

<セミナー>
「日本の学校教育の現状とこれから・・・ ― 演劇鑑賞の可能性を考える」
◎日時:2017年4月17日(月)15時~17時
◎会場:芸能花伝舎A3
◎講師:児美川孝一郎(法政大学キャリアデザイン学部教授)
◎進行:西垣耕造(教育事業部/東京演劇集団風)
◎定員:30名
◎参加費:1,000円 ※正会員団体所属の方は無料
◎お申込み:事務局・渡邊 

   
●バリアフリー勉強会
普及啓発事業部では、バリアフリーについて意識を共有し、スタンダードな演劇のバリアフリー化の確立を目指すため、勉強会を行います。ぜひご参加ください。

◎日時:2017年4月27日(木)18時~20時30分
◎会場:芸能花伝舎A2
◎講師:鯨エマ(NPO法人シニア演劇ネットワーク理事長/俳優)
    ゲスト講師として視覚障がい者の方2名
◎進行:白川浩司(普及啓発事業部/テアトル・エコー)
◎定員:35名
◎参加費:1,000円 ※正会員団体所属の方は無料
◎お申込み:事務局・渡邊


●正会員団体 団体名変更
 * オフィスワンダーランド → 演劇集団ワンダーランド

●正会員団体 代表者変更
 * 前進座  → 藤川矢之輔

●正会員団体 住所変更
* サードステージ
 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-1-5 サンパティオ高田馬場102
   TEL: 03-5937-4252 FAX: 03-5937-4253

●東京演劇記者会名簿
 最新版が発行されました。

●芸団協 震災復興プロジェクト支援事業募集
芸団協では、東日本大震災の直後から震災復興プロジェクトをスタートさせ、「震災復興に文化芸術を」基金を設置し、被災地に芸能を届ける取り組みを行ってきました。同基金への協力をひろく呼びかけるとともに、芸団協正会員団体および傘下の実演家団体・実演家で、2017年度中に被災地に実演芸術を届ける活動を計画している方々に、旅費交通費等の一部支援をするそうです。該当する計画がある団体の方は、下記の要綱にしたがってご応募ください。

下記の事業内容にあてはまること
◎事業内容:実演芸術の実演を被災地で実施する事業
◎申請資格:芸団協正会員団体に所属する実演家団体および実演家・スタッフ
◎事業場所:①東日本大震災で被害を受けた岩手県、宮城県、福島県内
      ②東日本大震災で被害を受けた福島県から、集団で避難して県民が現在
居住している地域
      ③2016年4月の熊本・大分地震で被害を受けた地域
      ④台風10号で甚大な被害を受けた東北・北海道の地域
      ⑤そのほか、最近、甚大な災害をうけた地域
◎実施時期:2017年5月1日~2018年3月30日
◎支援対象額について:事業計画、旅費交通費等の見積書に基づき査定し、総額として
20万円を超えない程度を支援
◎積算根拠:・実演家およびスタッフ5名まで 日当1名10,000円
      ・公演回数に関わらず、1日当たりの日当
      ・移動日は対象外
      ・宿泊費・交通費については、実費の全額を対象とする
◎応募締切:4月10日(月)
◎お問合せ・様式請求先:芸団協事務局
            TEL: 03-5353-6600 FAX: 03-5353-6614
            email: support@geidankyo.or.jp

twitter