掲載日:2016.2.10

日本劇団協議会NEWS No.36 発行日:2016.2.10

●演劇と教育シリーズ Vol.7 
「演劇ワークショップ事例検討会~ワークショップの心理・教育的意義を考える~」
セミナー開催のお知らせ


教育事業部では毎年、シンポジウム・ワークショップ等を開催していますが、その第7回目として標題のセミナーを実施します。講師は平成23年度の演劇と教育セミナー「演劇と子どもの発達について」で好評でした青木紀久代先生です。

◎日 時:3月14日(月)18時~20時
◎会 場:芸能花伝舎A2
◎講 師:青木紀久代(お茶の水女子大学大学院准教授 臨床心理士)
◎定 員:30名
◎参加費:無料
◎お申込み・お問合せ 事務局・渡邊


●「ご寄付のお願い」について

当法人では公益法人への移行後、税額控除制度の適用をめざし、寄付金を集めてまいりました。寄付金は教育・調査研究・広報事業などにひろく活用されています。今年度も「一口3,000円の寄付」をひろく呼びかけてくださいますようお願いいたします。なお、寄付金申込書を複数枚ご入用の際はコピーしてご利用ください。ご案内パンフレットを追加でご希望の方は、事務局までご連絡ください。

◎お問合せ 事務局・藤木 


●NHK 「平成28年度 演劇3団体申し入れに対する回答」について

NHKへの申し入れ」及び「回答」をお知らせします。マスコミ(映画放送)ご担当者は資料をご参照ください。


●芸団協企画制作「実演芸術団体のための、知らないと損する労災保険セミナー」 ご案内

芸団協では、実演家・スタッフにかかる労災をテーマにしたセミナーを開催します。フリーランスであっても労災の適用を受けられる場合が多々あるにも関わらず、「芸能実演家・スタッフの活動と生活実態調査」の結果では、労災保険適用の事例がごく少数に限られていることから、制度についての理解、周知を図る必要性を痛感し、開催するに至ったそうです。本件について、劇団協は広報協力をしています。チラシを同封しますので、ご興味のある方は芸団協までお申し込みください。

●劇場、音楽堂等連絡協議会主催シンポジウム
「地域劇場・音楽堂等×実演団体による新しい創造発信」 ご案内


劇音協では標記のシンポジウムを開催します。本件について、劇団協は共催しています。ご興味のある方は劇音協までお申し込みください。

◎日時:3月1日(火)
17:00~19:30 シンポジウム
・基調講演(調整中)
・事例紹介 ①劇場×劇団
       可児市文化創造センター 館長兼劇場総監督 衛紀生氏
       文学座         演出家      西川信廣氏
      ②音楽堂×楽団
       ミューザ川崎シンフォニーホール 事業担当部長 竹内淳氏
       東京交響楽団          事務室長   辻敏氏
      ③国立文化施設と地域劇場との連携の可能性について(調整中)
19:30~20:30 情報交換会
◎会場:あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)
    東京メトロ有楽町線 東池袋駅直結
◎会費:シンポジウム:無料
情報交換会:1名あたり1,000円
◎お申込み・お問合せ:劇音協 email: gekionkyo@yahoo.co.jp
 ※ ご参加の際は「ご所属団体、お名前、ご連絡先(電話かメール)、人数、情報交換会の出欠」を明記してください

●特定非営利活動法人シアター・アクセシビリティ・ネットワーク主催 
第2回シンポジウム「舞台・演劇の創作における手話通訳について考える」 ご案内


 シアター・アクセシビリティ・ネットワークは「みんなで一緒に舞台を楽しもう!」を合言葉に活動を展開してきた団体です。2015年3月に行った第1回シンポジウムでは「観劇支援システム構築のために、今できること」をテーマに、当事者団体と公共劇場担当者で現状と課題を整理したそうです。第2回目のシンポジウムについて、劇団協は後援しています。チラシを同封しますので、ご興味のある方は、シアター・アクセシビリティ・ネットワークまでお申し込みください。

●東京演劇記者会名簿

1月更新分が発行されました


●正会員団体 担当者決定

1980 上野裕子


●正会員団体 住所変更

音楽座ミュージカル 千代田区六番町 12-6
twitter