掲載日:2012.4.27

日本劇団協議会NEWS No.1 発行日:2012.4.27

●公益法人移行認定の件
日本劇団協議会は、去る3月21日付けで内閣総理大臣より公益社団法人の「認定書」をいただき、4月1日に「公益社団法人日本劇団協議会」として登記を終えました。新しい定款を同封いたしましたので、各団体で保存下さい。なお、銀行口座は口座番号は変わりませんが、名義が「公益社団法人日本劇団協議会」となります。お振り込み等の際にはご注意下さい。

●平成24年度文化庁「次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」について
文化庁の「次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」に申請しておりました「日本の演劇人を育てるプロジェクト」が採択されましたので、お知らせいたします。

●平成24年度芸術文化振興基金助成対象活動について
芸術文化振興基金に申請をしておりました「高校生・中学生のための巡回公演」が助成対象活動として採択されましたので、お知らせいたします。なお、助成金の額は前年度同額の25,000,000円でした。

●平成24年度文化庁「文化芸術の海外発信拠点形成事業」について
日本劇団協議会の新規事業として文化庁に申請しておりました「異文化交流のためのアーティストインレジデンス事業(仮)」は、不採択となりましたのでご報告いたします。

●「日本の劇」戯曲賞、戯曲募集のお知らせ
文化庁「次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」として採択されました「日本の劇」戯曲賞を同封チラシのように募集いたします。この戯曲賞の特色は、最優秀作は必ず上演されるというもので、22年度は今井一隆氏の『オトカ』、昨年度は鈴木穣氏の『にわか雨、ときたま雨宿り』が最優秀賞に選ばれ、恵比寿・エコー劇場で上演されました。今年度の最優秀賞受賞戯曲は8月末には決定、来年3月12日から恵比寿・エコー劇場で上演の予定です。劇作を志す新人の皆様に広く告知していただけますようお願いいたします。

●「新進演劇人集中講座」スカラシップ希望者募集
「新進演劇人集中講座」スカラシップ希望者募集
平成24年度の文化庁「次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」に採択されました<日本の演劇人を育てるプロジェクト>「新進演劇人集中講座」のスカラシップ生を募集いたします。これは、加盟団体の新進演劇人に無料ですぐれたレッスンを受けていただこうというシステムで、平成13年度から実施しているものです。
 応募書類は劇団でまとめてご提出下さい。
◎資 格  日本劇団協議会加盟劇団の人なら誰でも可能です。俳優・スタッフにかかわらず、どの講座も受講できます。
◎特 典  平成24年度に実施される「新進演劇人集中講座」の中でご希望の授業を無料で受講できます。1講座でも全講座でも希望できますが、複数の講座を希望される場合は優先順位をつけて下さい。
◎募集人員 若干名
◎締  切 平成24年5月31日(木)必着 6月中には決定の予定です。
◎お申し込み・お問い合せ 事務局・松村久美子

●学校公演上演記録募集
機関誌「join」別冊に掲載予定の上演記録を募集いたします。
 この記録は毎年日本劇団協議会でまとめ発行しておりますが、22年度から大幅にリニューアルしました。今回は、学校公演のみの集計ですので昨年4月〜今年3月が対象となります。
 「上演記録の書き方」を、よくお読みいただきご記入の上ご提出下さい。なお、記入用紙はエクセル文書をご用意しております。ご希望の団体はメールで事務局・高橋香純までご請求下さい。

◎対象期間=2011年4月1日〜2012年3月31日
◎締  切=5月21日(月)
◎お問い合わせ=事務局・高橋香純

●第1回定時総会開催のご案内
日本劇団協議会では、公益社団法人移行後の第1回定時総会を次のように開催いたします。代表者と担当者の方には、あらためてご案内いたしますが、スケジュールの調整等宜しくお願いいたします。

◎日 時 6月20日(水)午後1時〜 総会
     午後2時30分〜 懇談会 終了後午後5時〜懇親会を予定しております。
◎会 場 オリンピック青少年センター・国際交流棟・第1ミーティングルーム

●正会員団体、名称変更
 北海道演劇財団付属劇団TPS(シアタープロジェクトさっぽろ) 
 ↓
 公益財団法人 北海道演劇財団付属 札幌座 (通称:札幌座) 平成24年4月1日付け

●正会員団体、代表者及び担当者変更
*兵庫県立ピッコロ劇団 代表者 藤池 俊 → 大鳥裕士
    担当者 大楽 亮 → 田窪哲旨
*サードステージ 担当者 中梨梨紗 → 倉田知加子

●正会員団体の退会
 *シルバーライニング(代表/堀野三郎) 平成24年3月1日付け 破産による解散
 *シアター青芸(代表/高藤達之輔)   平成24年3月31日付け
 *道化(代表/篠崎省吾)        平成24年3月31日付け

●文化庁人事異動
 4月1日付けで、文化庁の人事異動がありました。
 なお、日本劇団協議会で大変お世話になった前支援推進室室長の清水功氏は、奈良国立博物館副館長として異動されました。

●NPO法人芸術家のくすり箱、アンケート協力のお願い
 芸術家のくすり箱から「芸術家の健康に関する実態・ニーズの調査」アンケート協力のお願いがありました。5月中旬以降、各団体にご案内があると存じますので、ご無理のない範囲内でご協力下さい。どうぞ宜しくお願いいたします。
twitter