掲載日:2010.4.6

日本劇団協議会NEWS No.206 発行日:2010.4.6

●加盟劇団上演記録募集
機関誌「join」別冊に掲載予定の上演記録を募集いたします。
 この記録は毎年日本劇団協議会でまとめ、発行しておりましたが、今年度から大幅にリニューアルすることになりました。大きな変更点は、記録集計の期間を1月から12月の1年間とするこということで、これにより他の白書や調査研究のデータと期間が一致し、公演活動の貴重な記録としてさらに多方面で活用されることになります。ただし、学校公演については新学期が4月ということから従来通り4月〜翌年3月とし、上演記録は2分冊として発行することになりました。
 上演記録の書き方」を、よくお読みいただきご記入の上ご提出下さい。記入用紙はエクセル文書をご用意しております。ご希望の団体はメールで事務局・高橋香純までご請求下さい。

◎対象期間=2009年1月1日〜12月31日
 *2009年1月〜3月の記録は、すでに昨年春にいただいておりますが、再度、ご提出下  さいますようお願いいたします。ご面倒をおかけしますが、宜しくお願いいたします。

◎学校公演の対象期間=2009年4月1日〜2010年3月31日

◎締切=5月10日(月)

◎お問い合わせ=事務局・高橋香純

●新規事業「日本の劇」戯曲賞(仮)、戯曲募集のお知らせ
3月18日開催の第35回通常総会でもお知らせしましたように、日本劇団協議会では、新規事業として「日本の劇」戯曲賞(仮)を立ち上げ、現在、文化庁に申請中です。この戯曲賞の特色は、最優秀作は必ず上演されるというもので、今回は、来年3月下旬に恵比寿のエコー劇場での上演を予定しております。募集条件・応募方法は、同封の仮チラシの通りです。劇作を志す新人の皆様に広く告知していただけますようお願いいたします。

◎応募締切=8月31日(月)必着

◎お問い合せ=事務局・松村久美子

●平成22年度文化庁・基金申請事業について
社団法人日本劇団協議会で文化庁に申請をしておりました「創作劇奨励公演」「ブラッシュアップ演劇集中講座」「次世代を担う演劇人育成公演」3事業について、すべて採択の旨ご通知がありました。また、芸術文化振興基金に申請しておりました「高校生・中学生のための巡回公演」も採択されましたので、ご報告いたします。

●主催事業「ブラッシュアップ演劇集中講座」スカラシップ希望者募集
平成22年度の文化庁[芸術団体人材育成支援事業]として実施予定の主催事業「ブラッシュアップ演劇集中講座」のスカラシップ生を募集いたします。これは、日本劇団協議会が参加者に替わって参加費を支払い、加盟団体の人達に無料ですぐれたレッスンを受けていただこうというシステムで、平成13年度から実施しているものです。
 一覧を同封いたしましたので、劇団内に提示して、劇団員の皆様におすすめ下さい。ラインナップの一覧・応募書類一式は担当者宛の封筒に同封いたしました。希望者が複数の場合は、コピーして下さい。なお、応募書類は劇団でまとめて提出してくださいますようお願いいたします。

◎資 格  日本劇団協議会加盟劇団の人なら誰でも可能です。俳優・スタッフにかかわらず、どの講座も受講できます。
◎特 典  22年度に実施される「ブラッシュアップ演劇集中講座」の中でご希望の授業を無料で受講できます。1講座でも全講座でも希望できますが、複数の講座を希望される場合は優先順位をつけて下さい。
◎募集人員 若干名
◎締  切 平成22年5月31日(月)必着
◎選  考 運営団体と相談の上、6月中には決定します。
◎お申し込み・お問い合せ 事務局・松村久美子

●平成22年度文化庁新進芸術家 海外研修制度研修員内定
日本劇団協議会はじめ各芸術団体推薦のうち、平成22年度研修員(演劇分野・日本劇団協議会推薦)が下記の通り内定した旨、2月9日付け文書で文化庁から通知がありました。

●1年派遣(350日)
 鬼頭典子(俳優/文学座)=京畿道楊州市(大韓民国)

●第36回通常総会開催のご案内
第36回通常総会は6月18日(金)午前13時30分〜、芸能花伝舎1−1(1階)で開催いたします。あらためて公文書でご案内いたしますが、スケジュールの調整等宜しくお願いいたします。

●学校公演委員会よりご協力のお願い
学校公演委員会では、学校公演の意義を周知できる宣伝物を作成したく、学校公演がニュースなどで報道されたもののDVDを集めております。加盟団体でお持ちでしたら、ぜひ事務局までご提供くださいますようお願いいたします。

◎お問い合わせ=事務局・高橋香純

●@電子チケットぴあリニューアルに伴う、劇団名表記変更のお知らせ
 先にFAXでお知らせしましたように、「チケットぴあ」では、ユーザビリティ改善を目的とした@電子チケットぴあのサービスリニューアルを実施されました。これにより、これまでぴあ本誌との連動した「劇団」抜き表記だった劇団名表記を、2010年3月8日より正式名称表記にすることができるようになりましたので、お知らせいたします。

●加盟団体の退会
 *ふるさときゃらばん(代表/花岡由雄) 平成22年1月31日付け
 
 *メジャーリーグ(代表/笹部博司) 平成 22年3月31日付け

●加盟団体の住所変更・担当者変更
 *だるま座 住所変更
  新住所/167-0051 杉並区荻窪5−22−12 戸田ビル201号室
      TEL 03-3392-9779 FAX 03-3392-9769

 *昴 担当者変更
  石井考一 → 菅野恒在

●文化庁人事異動
 4月1日付けで、文化庁の人事異動ありました。
なお、日本劇団協議会で大変お世話になった前芸術文化課課長の清水明氏は宮内庁へ、前育成係長の木村守平氏は長官官房政策課総務係長、同じく前助成係長の中村夢隆氏は日本芸術文化振興会へそれぞれ異動されました。

●事務局員・大笹ひろみは、2月20日付けで退職しました
twitter