掲載日:2009.7.24

日本劇団協議会NEWS No.199 発行日:2009.7.24

●平成21・22年度日本劇団協議会委員会構成決定および委員募集のお知らせ
6月の総会での新役員決定後、理事会および常務理事会では委員会構成について審議を重ねてまいりましたが、これまでの委員会構成を一部再構築し、以下のような構成にまとめ、今後若干の変更があるかもしれませんが、ほぼ担当理事が決定しましたのでご報告いたします。なお、委員については、前回と同様に加盟劇団員を対象に公募という形式をとることになりましたが、一部の委員会は委員会の性格上公募せず常務理事会で委嘱することになっておりますのでご注意下さい。委員に立候補される方は、劇団の了承を得た上で、同封の応募用紙に記入し、事務局までお送り下さい。ひとりが複数の委員会を希望することや、同一劇団から複数の方が応募されることは構いません。
◎応募締切  8月12日(水)必着
◎決  定 最終的に常務理事会で調整しますので、希望が叶わないこともありますし、       応募者の少ない委員会はさらに委嘱することをご了承下さい。

<公募する委員会>    
■学校公演委員会(学校公演・鑑賞教室を考える)
福島明夫 田辺素子 片山忠彦
■演劇と社会委員会(社会や教育の現場における演劇の可能性を考える)
古城十忍 宮田慶子 井上ひさし 志賀澤子 流山児祥
■観客ネットワーク委員会(全国演鑑連ほか観客組織との窓口)
福島明夫 宮田慶子 佐々木愛 日色ともゑ 山?菊雄
■国際交流委員会 (国際交流の窓口)
大笹吉雄 田辺素子 鴻上尚史 志賀澤子
■広報委員会(機関誌「join」・ホームページ他出版事業)
古城十忍 菅野重郎 みなもとごろう
■演劇センター構想委員会(演劇センターの構想を練る)
福島明夫 菅野重郎 井上ひさし 塚本悟 流山児祥
■地域と演劇委員会 (地域における演劇の可能性、演劇による地域振興などを考える)
西川信廣 古城十忍 宮田慶子 衛紀生 藤池俊

<委員会の性格上、公募せず常務理事会で委嘱する委員会>
■法務委員会 (著作権・著作隣接権の権利処理・契約問題ほか法律諸問題)
山?讓 菅野重郎 
■事業企画委員会(公益法人としてのこれからの事業を考える)
西川信廣 大笹吉雄 古城十忍 菅野重郎 宮田慶子 みなもとごろう

■人材育成委員会(公益法人としての人材育成事業を考える)
西川信廣 古城十忍 宮田慶子 鴻上尚史
■財務委員会(協議会の財務問題一般)
山?讓 佐々木愛 福島明夫
■公益法人改革プロジェクト
西川信廣 福島明夫 大笹吉雄 古城十忍 菅野重郎 田辺素子 宮田慶子 山?讓 
みなもとごろう 石島美也子(顧問弁護士) 田中大介(顧問税理士)

●顧問就任のお知らせ
この度、日本劇団協議会では、戌井市郎氏(文学座)と熊倉一雄氏(テアトル・エコー)に顧問ご就任いただくことになりました。お二人は社団法人設立メンバーで、これまで長い間、日本劇団協議会のためにご尽力いただきました。

●平成22年度主催事業「高校生・中学生のための巡回公演」企画募集
平成22年度の「高校生・中学生のための巡回公演」の企画を下記のように募集いたし
ます。学校との契約にあたっては、日本劇団協議会が主催者であるとする日本劇団協議会の統一契約書を使用し、県または教育委員会等が主催の契約書は締結できないなどの条件がありますので、別紙「公募について」をよくお読みの上でご応募下さい。企画書のフォーマットを事務局・高橋までご請求下さい。

◎締   切  9月1日(火)必着
◎選考・実施  選考会で選考の上で常務理事会で承認し、芸術文化振興基金に申請いたしますが、採択されるかどうかは来年春の発表まで持ち越されることをご了承下さい。
[選考会メンバー]浜松・長野・石川の演劇鑑賞教室ご担当の教師、他日本劇団協議会役員
◎お問い合せ・フォーマット請求 事務局・高橋香純

*なお、上記の選考会終了後、先生方を囲んで懇談会を開催の予定です。詳細が決まり次第、ご通知いたします。

●主催事業締切迫る
平成22年度主催事業「創作劇奨励公演」「ブラッシュアップ演劇集中講座」「次世代を担
う演劇人育成公演」の企画締切は7月31日(金)です。応募される団体はお早めにご提出下さい。

●文化庁人事異動のお知らせ
文化庁で、7月14日付けで人事異動がありましたので、お知らせします。
  長   官   玉井日出夫  *前任の青木保氏は退任
次   長   合田隆史 *前任の高塩至氏は文部科学省官房付
長官官房審議官 戸渡速志
  文化財部長    関 裕行
芸術文化課支援推進室室長補佐 城田由二
twitter