掲載日:2008.7.8

日本劇団協議会NEWS No.190 発行日:2008.7.8

●平成21年度文化庁「新進芸術家海外研修制度」募集
 文化庁から標記事業応募者の推薦依頼がありました。ご希望の方は劇団を通し事務局までお申し込み下さい。今回から、申請書類が変更になっておりますのでご注意下さい。
 なお、申請書類は事務局にありますが、文化庁のホームページよりダウンロードすることができます。
http://www.bunka.go.jp/geijutsu_bunka/geijutsuka_yousei/h21_shinshin.html
◎お問い合せ 事務局・大笹ひろみ 

応募の主な内容(当該分野のみ)
[海外留学] 締切=9月5日(金)
■分野/演劇=演出・劇作・俳優・人形劇・パントマイム・演芸・大道芸・曲芸・
       サーカス・アートマネージメント(芸術監督、プロデューサー、企画制作)       ・評論等
■種類・年齢・研修期間(原則として平成21年9月から開始)
◎2年派遣(700日間) 平成20年9月1日現在で18歳以上、30歳未満。
◎1年派遣(350日間または200日間) 平成20年9月1日現在で18歳以上、45歳未満。
◎特別派遣(80日間) 平成20年9月1日現在で18才以上、上限なし
■研修の条件
*日本国籍、または永住資格を有すること。 
*過去に本制度研修員として研修を受けてないこと。(ただし、特別派遣に限り過去に
 1年・2年派遣の研修を受けられた方の再度の応募を認めます。)
*専門分野で芸術活動の実績があること。
*研修に耐えうる語学力を有すること。
*渡航先研修施設の受入保証があること。(指導者が個人である場合を含む)
*心身ともに健全であること。
■選考日程=書類選考を経て、12月〜来年1月面接 2月下旬内定の予定。

●「創作劇奨励公演」文化庁舞台芸術創作奨励賞受賞作品制作団体募集
 6月19日開催の第32回通常総会でもお話しましたように、日本劇団協議会では、文化庁舞台芸術創作奨励賞受賞作品の上演団体を募集しております。(4月4日発行の協議会NEWSで公募)
 平成19年度受賞作品は下記の2作品です。この事業は今回限りで終了することが文化庁で決まっており、この佳作受賞2作品が最後の受賞作となりました。(特別賞は該当ありませんでした。)
 戯曲は事務局にあります。平成21年(2009年)6月から平成22年(2010年)2月の期間で上演をご検討いただける団体は、事務局までご連絡下さい。なお、制作団体は、作者と相談の上、審査会で承認し、常務理事会で決定されます。

*佳 作 「 葛 飾 応 為 〜画狂人の娘〜 」 作/多賀谷 忠生
*佳 作 「 染 屋 の 女 房 」 作/森嶋 也砂子
◎企画提出締切 7月25日(金)
◎お問い合わせ 事務局・松村久美子

●平成20年度東京都高等学校「定時制通信制演劇鑑賞教室」企画決定
 協議会NEWS?187で募集した標記の事業は、8団体11作品の応募の中から、わらび座の『Performanceband響「ALIVE 君だけの音」』 (構成・演出/栗城宏 音楽監督/紫竹ゆうこ)に決定いたしましたので、ご報告いたします。なお、この公演は来年1月13日〜16日(4ステージ)、銀座ブロッサム中央会館で上演の予定です。

●浜松高校演劇教室45周年記念座談会のご案内
 浜松高校演劇教室では、45周年記念座談会「演劇教室の現状と未来」−各地区の交流ならびに劇団との交流の中で−を次のように開催されます。参加ご希望の方は、7月末日までに直接お申し込み下さい。なお、各劇団の資料配付は1作品のみです。
◎日時・会場
8月19日(火) 13:00〜17:00 座談会/ 静岡文化芸術大学379講義室 参加費:無料
浜松市中区中央2-1-1 tel 053-457-6111
17:30〜19:30 交流会/マインシュロス 参加費:4,500円
           浜松市中区中央3-8-1 tel 053-452-1146
◎お申し込み 浜松湖東高校内 浜松高校演劇教室事務局 水野重政 先生

●「2009年度(平成21年度)高校・中学公演作品一覧」原稿募集
 1999年度から発行しております学校公演演目の内部資料的情報「高校・中学公演一覧」の原稿を募集いたします。原稿記入用紙は同封(担当者宛封筒)いたしましたので、来年度学校公演を実施予定の劇団は、ご提出下さい。
◎締切=9月30日(火) 
◎提出・お問い合せ=事務局・松村久美子 

●加盟団体の退会
 ハラホロシャングリラ(代表/中野俊成)は、平成20年6月末日付けで退会いたしました。

●文化庁人事異動
 7月1日付けで、文化庁の人事異動がありましたので、名簿を同封いたしました。
twitter