掲載日:2003.4.2

日本劇団協議会NEWS No.138 発行日:2003.4.2

●「創作劇奨励公演」文化庁舞台芸術創作奨励賞受賞作品戯曲制作団体募集
日本劇団協議会では、文化芸術創造プラン(新世紀アーツプラン)「芸術団体人材育成支援事業」として、文化庁舞台芸術創作奨励賞受賞作品を毎年主催公演として上演しており、昨年度は渡邊一功氏の『White Phase』を劇団民藝で、樋上拓郎氏の『湯葉と文鎮-芥川龍之介小伝』を手織座に制作いただきました。この度、平成14年度受賞作品が、下記のように発表されました。今回は特別賞が1作品、佳作3作品でした。戯曲は事務局にあります。平成16年4月から平成17年2月の期間で上演をご検討いただける劇団は、事務局・兼坂または大笹までご連絡下さい。なお、制作団体は、作者と相談の上公演企画委員会で審議し、常務理事会で決定されます。

◎企画提出締切=7月31日(木)

■特別賞 「中二階な人々」 作/阿藤智恵(本名 河合知子) *昨年度佳作者
贈賞理由/ある新聞のアンケートで「将来に希望が持てない」と答えた若者が75%にも達する、そんな現代を象徴する作品である。かつて大学の同級生だった男女六人が30を迎えていまだ共同生活を送る、そこは中二階のある家。そのものズバリ中途半端なところで止まってしまったいいかげんそうな彼らを、作者は軽いタッチで描きつつも、その実、けっこう真面目に誠実でいようとする、それぞれの葛藤にいとおしい視線を投げかけていて、もの悲しくもあり、好感のもてる作品に仕上げている。

■佳 作 「セ氏の妖女」 作/新井 哲
贈賞理由/この作品を解くキーワードは<戦争>であろう。しかし、ここで作者が語らんとするのは、国家間で争われるアノ<戦争>ではなく、もう少し根源的で、なおかつ、今日的な、わたしたちが身体レベルで直面している<危機>なのだ。作品全体に漂う異様とも思える緊張感が、そのことを明らかにしている。鮮やかなイメージを喚起する台詞も、凡手のなせる技ではない。ひとりよがりな物語の展開等、難点も多い作品だが、作者の今後を期待したい。

■佳 作 「逃亡の記憶」 作/多賀谷忠生
贈賞理由/終戦後孤児収容所を脱走し山中で一週間を過ごした少年少女が、55年後再び集まり野営をする。過去と現在が彼らの中で混交していく様子をかなり巧みなせりふ運びで描き、リアリティを支える。社会からはじき出された孤児の記憶に照射され、人生に一区切りついた大人の孤独で逃亡したい現実が説得力を増す。55年前に殺された最年少の少年が無言のまま現れ、賑やかな大人達の淋しさの雰囲気をかもす効果を出して面白い。
*佳 作 「かつて東方に国ありき」 作/嶽本あゆ美
贈賞理由/昭和20年8月10日、敗戦直前の上海。あらゆる秩序が崩れ始めた。日本の軍国主義体制を逃れてきた虚無的なインテリ、日本経由のフランス文化にかぶれた中国人などが、複雑な政治背景を背負って、右往左往している。魅力的な人物像が哲学的かつユーモアのある台詞をはき、今時珍しい硬質で文学的な香気があり、構成がしっかりしている。秩序崩壊が現代に通じると思う。

●「創作劇奨励公演」新進劇作家の公演企画募集
 日本劇団協議会では、主催公演「創作劇奨励公演」事業で、前掲の文化庁舞台芸術創作
奨励賞受賞作品の他に、新進気鋭の劇作家の作品を上演しております。下記の内容をお読
みの上、該当する企画のある劇団は、その構想をまとめた企画書と簡単な予算書を事務局へご提出下さい。なお、応募多数の場合は、文化庁舞台芸術創作奨励賞受賞作品上演を優先することをご了承下さい。
内容: 新進気鋭で将来性のある若手劇作家の新作(試演程度の公演は構いません)
*すでに創作劇奨励公演の対象となった作家は対象となりません。
*新進気鋭の劇作家の略歴を必ず企画書にご記入下さい。
上演期間: 平成16年(2004年)4月〜平成17年(2005年)2月
お問い合わせ: 事務局・兼坂  
企画提出締切: 7月31日(木)

●加盟劇団上演記録募集
機関誌「join」別冊に掲載予定の上演記録を募集いたします。
 この記録は毎年日本劇団協議会でまとめ、発行しており、公演活動の貴重な記録として対外的に活用されています。記入用紙を同封(担当者宛封筒)いたしました。「上演記録の書き方」を、よくお読みの上、ご記入の上ご提出下さい。

■対象=2002年4月1日〜2003年3月31日
■締切=5月9日(金)
■お問い合わせ=事務局・大笹ひろみ 

●加盟団体担当者変更のお知らせ
・ ステップスエンターテイメント 担当者変更
 千葉豊 → 岩間佳子

●文化庁人事異動
4月1日付けで、文化庁の人事異動がありましたので、名簿を同封いたしました。

●平成15年度「夏のとうきょう親子ふれあいキャンペーン」参加募集
標記の事業の募集案内がきています。関心のある団体は下記へ直接お問い合せ下さい。

 東京都教育庁生涯学習スポーツ部社会教育課地域支援係 橋立様
 Tel 03-5320-6859(直通)
  ※ 提出期限=4月11日(金)
twitter